予防歯科のご提案 新しい歯科医療

80才になった時、自分の歯は何本残っていると思われますか?

高齢化の進む日本ですが、あなたが80才になった時、自分の歯は何本残っていると思われますか? 今、現在の80歳の方の残存平均数は7〜8本です。 歯は上下で28本ありますから、80歳までに、何と20本以上の歯を失っていることになります。 原因は、もちろん虫歯と歯周病です。

話は逆のぼります。

歯磨きチェック 昭和22年当時、日本人の平均寿命は50歳でした。 人々は、虫歯や歯周病で歯を失う前に寿命を迎えたのです。 ですから、歯を大切にするという意識が低くても問題はありませんでした。 それから約65年たった現在(平成24年)、平均寿命は33年ものびました。 ところが、多くの方々の歯に対する意識は、その当時のままなのです。 その結果、歯は、50歳頃から少しづつ減少を続け、80歳頃には7〜8本しか残らないと言う悲惨な結果を生んでしまいました。

では、80歳で何本の歯が残っていれば良いのでしょうか?

正解はありませんが、約20本前後残っていれば、歯の健康状態は良好と言われています。 例えば、虫歯で歯を削りだすと、その歯の寿命は平均40年になると言われています。 10歳の時に初めて虫歯治療を始めますと、50歳でその歯を失なうことになるのです。 虫歯にならないこと、歯を削らないことが理想ですが、一度なってしまった虫歯をそのままにしておくわけにもいきません。 残念ながら、世界でもトップレベルと言われている歯科医療技術(歯を削って治す)を持ちながらも、多くの方が歯を残せないのが、この日本の現状なのです。

この矛盾点に着眼したのが、予防中心の歯科医療です。

予防中心の歯科医療 医療法人社団 伸永会 原歯科医院グループのクリニックでは、予防中心の歯科医療に取り組んでいます。 もちろん治療も行いますが、治療はただの通過点にすぎません。何よりも、治療後のアフター・ケア、『口の中の健康の維持』に力を注いでいます。 現在、全国の歯科医院の数は65、000件と言われていますが、そのうち予防中心の歯科医院はわずか1%、650件にすぎません。 そして、都内で常勤の歯科衛生士がいる歯科医院は40%で、そのうち予防を行なうことができる歯科衛生士はたった6%です。 そんな熟練された歯科衛生士による予防カウンセリングでは、患者様のライフスタイルを伺い、ご一緒に考えながら、『歯の健康を維持する為のプラン』をご提案させていただきます。 私共は、そんな時代のニーズを患者様と一緒に作り上げることを願ってやみません。

医療法人社団 伸永会 原歯科医院グループのクリニック案内
詳しくはこちらをクリック

あなたはこの現実をどう考えますか?

歯に対する価値観を変えなければ、歯の損失は防げません。

治療中心から予防中心へ 1グループ 既に80歳で20本以上達成している国
 スウェーデン、デンマーク、フィンランド


2グループ 現在70歳程度で、15本以上残存している国
 アメリカ、オーストラリア、オランダ

3グループ 現在70歳程度で、10〜15本残存している国
 タイ、フランス、イギリス

4グループ1 現在70歳程度で、10本以下の国
 イタリア、ドイツ、中国(上海)

4グループ2 10本以上残存しても、60歳を境に加齢につれて
         極端に減少する国

 日本

5グループ 平均寿命が上がるにつれて残存歯が減少する国
 インドネシア、カンボジア

予防歯科.com